So-net無料ブログ作成

虎の水

四国八十八番霊場、第十番札所切幡寺の境内に私がデザインした虎の水の自販機が設置されました。
わが国第1号です。
親しい大平住職がお四国巡りのお遍路さんのために格安の100円にしてくれています。
タイガースファンのお遍路さんに喜んでもらえそうですね。
2017-04-13T10:39:10.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:moblog

プロ野球 [スポーツ]

 今年も甲子園の阪神ー巨人戦のマンガをスポーツニッポン新聞に描きます
 1985年、阪神タイガースが日本一になった年から描き描き始めて32年になります。
翌朝の紙面のために、試合を見ながらアイデアを練り終わった時から描き始めてメールで送ります。
 当初は球場で描いていまして8時にバイクが受け取りに来ました
 その後フアックス送信になりましたが器械が悪く線がギザギザになりました。おまけに出張先などではフアックスを設置している場所も少なく、夜、役場やバス会社に頼んで送ったこともありました。
 グアムや韓国からもフアックスしたこともありました。
 パソコン時代になると色を付けるようになりました。着色した絵をスキャンしてPCに取り込み送るのです。白黒のフアックスより時間と手間がかかります。延長戦になると締め切りまで時間が足りません。
 今は白黒の絵に背景色をつけてもらっていますが絵はPCで送っています。
 今年の阪神タイガースのスローガンは「挑む」です。
 若い選手の台頭と糸井選手の加入で随分チームも変わりました。
 去年、「超変革」を掲げた金本監督の期待に応えて若い高山、北條、原口、中谷、糸山(ドラ5)選手らにベテラン鳥谷、福留選手らの野手たち、加えて能見、メッセンジャー、藤浪、岩貞、青柳、秋山らの先発投手陣・・・・
 伝統の巨人ー阪神1,3戦(第2戦は雨でノーゲム)は1勝1敗でした。
 第3戦の能見投手の快投もさることながら、シーズンインしてからの打率1割代で悩んでいた北條
選手に1,2号(2ラン)ホームランが出て、おまけに上本選手のソロホームランがついた快挙は、甲子園球場が菜の花畑になりました。
 毎週火曜日掲載「スポニチタイガース川柳大賞」もお楽しみに見てください。
2017.4.8T-G32.jpg
17-4-9T-G32.jpg
コメント(0) 

エッセイ [案内]

大阪市港区のフリーペーパーに今月からエッセイを書き始めました。
港区は海遊館、ラジオ大阪などがありベイエリアとして拓けた町なっており、天保山や築港など海に面した土地の歴史もたくさんあります。
大阪の市電が初めて走った所でもあります。
私が知っている港区のことを思い出しながら書いて行きます。
2017-04-05T10:33:56.jpg2017-04-05T10:33:56.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:moblog

川柳

プロ野球シーズンイン。
今年もスポニチ紙面でタイガース川柳大賞が始まりました。
もう13年目に入ります。
阪神タイガースの応援川柳で、約1週間単位で掲載しています。
週間賞、月間賞、に残り年間賞に輝いた作品には10万円の賞金が付きます。
今朝の紙面には今季第1回目の作品が並んでいます。
今年は糸井、福留、原口選手のクリンアップが鍵ですが鳥谷選手の頑張りも見ものです。
上位、中位、下位打線の3段構えが1985年のニッポン一に輝いた年に重なり楽しみが多いです。
振るってご応募ください。スポニチアネックスのタイガース川柳からもご覧頂けます
2017-04-04T09:13:42.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:moblog

 [旅]

 先日、気分が良くなったので、同じ年生まれの「サムライの会」の為京都、円山公園にある長楽館へ。
 5年ぶりくらいの京都は旅気分で心が華やいだ。
 錦市場はさすがに京都らしいものを売る店がいっぱいで嬉しかった。
外国人観光客も多くいてそれぞれが楽しんでいた。
IMG_3709.JPG
 気分が一転したのは四条河原町に出た途端からだ。
 着物姿の若い女性が大変多い、ペアーの男性もグループの男の子たちも和服である。
FullSizeRender.jpgFullSizeRender.jpg
が、なんか違う。四条通を東に???が増える、八坂神社の石段下でも多くの着物姿の団体がいた。
FullSizeRender.jpgFullSizeRender.jpgFullSizeRender.jpg
 観光用に和服を貸し、京都観光を満喫させる店ができたとは聞いていたがなんだこれは?
 季節感のない安物でペラペラ地の着物、おまけに浴衣のような柄の集団、足袋靴下、、。
 日本人もいるが、概ねはアジア人観光客だ。 京都市長が自らが着て和服を奨励しているが、これは違う。だが、観光に来て日本の風俗に触れたみたいのは当然だが・・・
 私たちがハワイで着ているアロハシャツの柄も現地の人が見るとこんな雰囲気なんだろうか
 ここはもはや京都ではない、はんなりしっとりした京の町はどこに消えたのか。
 間も無く咲く桜たちもきっと驚くだろう。
 帰りのタクシードライバーが「変だと思うのは日本人の感覚、外国人はこんな柄でないと着ないのです」。借り賃4000円、諸兄姉はどう思われるかな。
 千年の町「日本の京都」の伝統は消えそうだ。
 それも「時代やなあ」といってため息をつくだけなんかなあー。


























































コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ご無沙汰お詫び

やっと春が来たようですね
多くの方々から、ブログの更新がされてないがなにかあったのか?とご心配のメールや電話を頂きました。
お気にかけて頂きありがとうございました。
2月初旬、沖縄の阪神タイガースキャンプへスケッチに行き、元気な選手たちを描いて来ました。
IMG_3638.JPG
帰ってから、西川きよし師匠の「旭日重光章受賞」パーティなどに出席。
IMG_3672.JPGIMG_3671.JPG
3月になっていきなりインフルエンザでダウン 予防注射のおかげで熱は37.7度止まり、
吸引薬で〓3日安静、おかげさまで徐々に回復中。
以前、突然変異でコーヒーとウイスキーが飲めるようになって楽しんでいたのが、また欲しくなくなった。

コメント(0) 
共通テーマ:moblog

沖縄

沖縄余聞です








iPhoneから送信
FullSizeRender.jpgIMG_3621.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:moblog

桂米朝 [展覧会]

「人間国宝 桂米朝とその時代」特別展が昨1月28日から姫路にある兵庫県立歴史博物館で始まった。
米朝チラシ32.jpg
姫路博32.jpg
 その開会式に招かれ出席した。
 満89歳で没して3月19日で丸2年になる上方落語の巨人・米朝師匠ゆかりの地姫路でこの展が開かれるのは当然だが、この博物館には師匠の3男・中川渉(わたる)さんが学芸員として転勤してきたばかりで、偉大なる父親の足跡の展示を担当したことも不思議な巡り合わせでだ。
 この日も会場で展示品の解説をしていたが、身内のことだからエピソードソードも加わって楽しかった。
米朝二男.jpg
 1階ロビーで故米朝師匠そっくりのアンドロイドが迎えてくれる
米朝アンド32.jpg
 会場に入ってすぐに人間国宝の認定書額があり、その横に私の絵があった。
これは35年前に大阪サンケイホールで「猫の忠信」を演じた時の高座姿を舞台の上手ソデから速描したもので、師匠57歳、私46歳お互い脂が乗りかけた時代だ。
 この絵は、サンケイ企画、社長室に飾ってあったものだが、ホールの建て替えで行方不明になっていたので偶然2ヶ月前に出てきて手許に帰ってきた珍品だ。きっと故・米朝師匠のお名指しで出てきたものだろう。
米朝展32高座作品.jpg
 展は、生い立ちから始まって、落語への想いを持って上京、軍隊へ入隊、先代米團治への入門と動いてゆく。
 それらの展示資料を見ながら、この方はメモ魔でありそれを資料として大事に保管しておられることに驚嘆した。
 私もそれに属するものだがとてもその比ではない。
 東京時代の師匠正岡容補作、中川清(米朝師匠の本名)作の新作落語台本や名作「一文笛」の生原稿など枚挙に暇がないほどの貴重品が並ぶ。
一文笛生原32.jpg
 米朝宅に入り根こそぎ資料を洗い出し多くの発見をした小澤紘司さんの努力には頭がさがる。
 百聞は一見に如かず、ぜひ出かけて欲しい。
 知人、藪田 貫氏が館長を務めるこの博物館は新装なった姫路城の北にある。
 帰りに、長男・桂米團治師匠の案内で名古山霊園お墓にも参ってきた。
 姫路市名誉市民に与えられる市からの墓地にコメの字をかたどった立派なもので字の五、六画のところが左右に開き、腰掛けるようになっていて師匠と酒を酌み交わせるようになっているのは流石だ。今度は1升瓶を下げていこうと思う。米朝墓32.jpg
 
 
コメント(0) 

ありがとう [展覧会]

自分、成瀬國晴について友人は「なんせ気になる」とその性格の繊細さを茶化すが、成瀬國晴が何者であり、どんな展覧会をしているかなどすぐにわかるのがYAHOO内にあるのは知っている。
 その検索をあまりしないが、今朝ふと見てみた。
 ここ3年間で大阪を振り出しに滋賀、東京、宝塚など8会場で開いた学童集団疎開「時空の旅」などのことがあるが、目に留まったのは「ゆうゆうゆうぜん歩録」だ。
 もう2年余り前に載せられたものだが、2014年11月に1ヶ月尼崎市総合文化センター4、5階を使って開いていただいた「イラストレーター成瀬國晴60年のすべて」展をご覧くださった感想文だ。
 わずかな時間しかない中で私の思いを全て汲み取って書いていただいた貴重な文章に頭が下がった。
 長文なのでここで紹介はできないがよくここまで成瀬を知っていただいたと涙が止まらない。
 是非ご覧いただきたい。
 なぜ、大阪でなく尼崎?とも書かれているし、たかじんの絵が少ないともあった。
 前者は尼崎市からの要請だったし、後者は時代がずれていたからだ。
 詳しくは私が関わった158番組の絵を載せた「アナログ時代のテレビ絵史」を見ていただきたい。
 描いたカテゴリーについては「大阪春秋」(新風書房)をご覧いただきたい。
 毎回カテゴリーを分けて大阪大学教授・橋爪節也さんと大阪市史料調査会調査員・古川武史さんと鼎談している。
 19回目の新年号は「文楽の絵」について。
 今、この60年間描いた絵たちの行き先を探している。
 50年後、どこに飾られ、どんな人たちに見てもらえるかな。
FullSizeRender.jpg
 
コメント(0) 

看板 [世相]

興味ある看板を集めだしたのは1980年頃からかな、その頃京都で見かけたのが出て来た、そのうちの1枚。
IMG_2879.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:moblog
メッセージを送る