So-net無料ブログ作成
検索選択

京 [旅]

 先日、気分が良くなったので、同じ年生まれの「サムライの会」の為京都、円山公園にある長楽館へ。
 5年ぶりくらいの京都は旅気分で心が華やいだ。
 錦市場はさすがに京都らしいものを売る店がいっぱいで嬉しかった。
外国人観光客も多くいてそれぞれが楽しんでいた。
IMG_3709.JPG
 気分が一転したのは四条河原町に出た途端からだ。
 着物姿の若い女性が大変多い、ペアーの男性もグループの男の子たちも和服である。
FullSizeRender.jpgFullSizeRender.jpg
が、なんか違う。四条通を東に???が増える、八坂神社の石段下でも多くの着物姿の団体がいた。
FullSizeRender.jpgFullSizeRender.jpgFullSizeRender.jpg
 観光用に和服を貸し、京都観光を満喫させる店ができたとは聞いていたがなんだこれは?
 季節感のない安物でペラペラ地の着物、おまけに浴衣のような柄の集団、足袋靴下、、。
 日本人もいるが、概ねはアジア人観光客だ。 京都市長が自らが着て和服を奨励しているが、これは違う。だが、観光に来て日本の風俗に触れたみたいのは当然だが・・・
 私たちがハワイで着ているアロハシャツの柄も現地の人が見るとこんな雰囲気なんだろうか
 ここはもはや京都ではない、はんなりしっとりした京の町はどこに消えたのか。
 間も無く咲く桜たちもきっと驚くだろう。
 帰りのタクシードライバーが「変だと思うのは日本人の感覚、外国人はこんな柄でないと着ないのです」。借り賃4000円、諸兄姉はどう思われるかな。
 千年の町「日本の京都」の伝統は消えそうだ。
 それも「時代やなあ」といってため息をつくだけなんかなあー。


























































コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました
メッセージを送る