So-net無料ブログ作成
検索選択

青春との出会い [旅]

いつもと違う散歩道を歩く これも旅です。 そこで最近開いた古書店を見つけて入ったら青春時代に愛読したこの本にであった。「 世の中はなんのヘチマと思へどもぶらぶらしてはいきられもせず」 の句を思い出しました。思わぬところで青春に出会うものです。
私のエッセーも人様のお役に立っているのかな。
200908261309.jpg

コメント(2) 
共通テーマ:moblog

コメント 2

在外老人

散歩道も また 旅。
御意に候。
ブラリひょうたん、なんと なつかしい名前。ぼくも 読んだ覚えがあります。
高田保 夫人と共に、あの時代 羅針盤として人気があったと記憶してますが、内容を サッパリ思い出せません。
後期高齢 忘却症です。

古書店でお買い求めになった!
その本屋さんを 大事にしてやってください。
アマゾンで なんでも手に入る時代ですが、
現物を手にとって 衝動買いできる幸せは 古本屋さんで だけです。
by 在外老人 (2009-08-27 21:49) 

heruman-syuraku

後期高齢さん、在外老人さんコメントありがとうございました
古書店にはお宝がいっぱいありますね
ここの主人に「投資や資産のために買うのじゃなく思い出の確認のために買うのです」といったんです。それらに思い出を持たない人には、横にたくさん並んでいた最近の中古まんが本が私の思い出にないのと同じでなんの役に立たないものですからね。
by heruman-syuraku (2009-08-28 09:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る